東海道新幹線 300系晩年の雄姿

300系は、東海道線新幹線「のぞみ」用として平成4年に登場しました。営業最高速度は270km/hで、東京駅 - 新大阪駅間が 2時間30分で結ばれました。
300系は開発当時の時代背景を考慮し、0系、100系と比較し、シートピッチの拡大、食堂車やカフェテリアの廃止等、新しい新幹線の 基準となり、現在に引き継がれております。
平成11年、東海道・山陽新幹線の営業最高速度が285km/hとなり、後継の700系が登場しました。300系はのぞみ運用からの引退が 始まり、ひかり・こだま運用にシフトしていき、平成24年3月17日のダイヤ改正で引退しました。

   ◆ 東京都心を走る300系 有楽町界隈

こだま650号、まもなく終点東京 有楽町にて 平成24年3月4日

こだま650号 平成24年2月26日

ひかり477号岡山行き 平成24年3月4日

ビルの谷間を走るひかり477号 平成24年2月26日

平成21年10月10日


ひかり403号 東京駅 平成20年7月22日

700系こだま535号とひかり403号 東京駅 平成20年7月22日

300系の並び 東京駅 平成19年11月8日

ひかり403号 東京駅 平成19年11月8日

のぞみ175号博多行き 東京駅にて 平成20年11月5日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る