和歌山線の105系(平成28年)

和歌山線は、奈良県北葛城郡王寺町の王寺駅と和歌山県和歌山市の和歌山駅を結ぶJR西日本の鉄道路線です。昭和59年に全線電化され、 105系が投入されました。この105系は、常磐緩行線で活躍した103系1000番代等の改造車のため4扉車です。
平成28年10月20日(木)、和歌山線の105系を初めて乗車し撮影もしました。往年の京浜東北線がよみがえりました。

和歌山駅に並んだ105系

105系の顔は103系とは大きく異なりますが、サイドはまさに103系です

田井ノ瀬駅、和歌山駅の隣ですが、駅間が4.6kmあります

田井ノ瀬駅に停車中の445M
クハ103-1000番代からの改造車のため、まさに103系1000番代車の顔つきです

445M、田井ノ瀬駅を発車



     【JR/国鉄線】トップへ戻る