中央東線 E351系 スーパーあずさ

E351系電車は中央東線のあずさ号に使用されていた183系と189系電車の老朽代替、及び高速化のため、平成5年12月23日にから営業運転を開始した電車です。 制御つき自然振り子装置を採用したことにより曲線区間でのスピードアップが実現し、その結果、従来のあずさ号より所要時間の短縮が可能となりました。 平成6年から、E351系使用のあずさは「スーパーあずさ」の愛称名となりました。
登場から20年たった平成26年、E351系の後継車E353系が発表され、各種試験を重ねて平成29年12月23日から運用に就くことが決まりました。 その結果、E351系の一部は運用離脱となります。
中央線快速区間で撮影したスーパーあずさです。E351系スーパーあずさは、塩山牛奥みはらしの丘(平成28年)にも展示しております。

5M スーパーあずさ5号 中野−高円寺(高円寺駅から撮影) 平成27年12月12日

5M スーパーあずさ5号 東中野−中野 平成28年4月3日

5M スーパーあずさ5号 東中野−中野 平成28年3月27日


5M スーパーあずさ5号 立川−日野 平成30年1月6日

4M スーパーあずさ4号 日野−立川 平成30年1月6日

新宿駅で撮影したスーパーあずさ号
左:スーパーあずさ5号 平成18年10月6日 右:スーパーあずさ14号 平成18年10月7日

松本駅に到着したスーパーあずさ23号 平成19年11月7日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る