中央東線 E257系 特急あずさ号・かいじ号

E257系電車は中央東線のあずさ号とかいじ号に使用されていた183系と189系電車の老朽代替ため、平成13年12月1日のダイヤ改正から営業運転を開始した電車です。 中央東線の特急は平行する中央高速道路を走る高速バスと競合しています。その対応として、所要時間で優位となる車体傾斜機構を搭載したE353系による「スーパーあずさ」が設定されております。 E257系は特急本来の快適性が売り物でしたが、登場から15年以上たっていることや運用・保守の観点から、E353系への置き換えが平成30年7月1日から始まりました。E257系の引退は時間の問題となりました。
中央線快速区間で撮影したあずさ号とかいじ号です。中央東線を走るE257系は、塩山牛奥みはらしの丘(平成28年)にも展示しております。

上: 左下:57M あずさ7号  右下:6M スーパーあずさ6号
大久保−東中野(東中野駅から撮影) 平成29年3月25日

53M あずさ3号 荻窪−阿佐ヶ谷(阿佐ヶ谷駅から後追い撮影)
平成28年7月10日

3002M かいじ102号 荻窪−西荻窪(西荻窪駅から後追い撮影)
平成27年11月15日

52M あずさ2号 荻窪−西荻窪(西荻窪駅から撮影)
中央線緩行列車と並走してきました 平成27年11月15日

59M あずさ9号 荻窪−西荻窪(西荻窪駅から撮影) 平成27年11月15日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る