福 塩 線

戦前型20m級 3扉車時代

福塩線は長い間京浜東北線のスカイブルーより濃いブルー色のセミクロスシートの戦前型 20m級3扉旧型国電が活躍しておりました。国鉄の動力近代化が終了すると次は戦前型車の 淘汰が進み、福塩線も昭和52年から阪和線で活躍していた70系に順次置き換えが 始まりました。昭和52年8月29日の記録です。ちょうど70系への置き換えが始まった時期で 戦前型車と70系の混血が見られた時期でした。

福山駅にて、おなじみの福山城バックのアングルです

府中に行く途中の電車からのカットです

府中にて

クモハ32000、2扉クロスシート車旧モハ42を4扉化した 珍車です



     【JR/国鉄線】トップへ戻る