函館本線 711系

711系は北海道内初の国鉄電車として、昭和43年8月28日の小樽−滝川電化開業時に導入された車両です。また、国鉄初の交流専用 電車で、新性能電車では初となる1M方式の電車です。国鉄民営化後の721系導入でも主役の座についておりましたが、90年代後半から 721系の後継となる733系が投入により、711系の廃車が始まりました。そして、平成26年度末に全車引退となることが決まりました。
711系は、函館本線 日本海沿いを走る手稲−銭函−張碓間(昭和55年11月)室蘭本線 苫小牧駅(平成16年1月)にも展示されておりますので併せてご覧ください。

千歳空港駅(現南千歳駅) 昭和55年11月22日

札幌駅 昭和55年11月22日

小樽駅 昭和55年1月12日

札幌駅 平成21年12月19日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る