上野駅最後の寝台特急電車
はくつる81号

北海道へ行く、今でこそ飛行機がポピュラーな時代となりましたが、現役蒸気が活躍していた 昭和40年代は、青函連絡船で行くのがあたりまえの時代でした。青函連絡船の玄関口青森へは 上野から多数の列車が昼夜活躍していました。 583系はブルートレインとならび東北路のスターとして君臨しておりました。 昼行特急「はつかり」「みちのく」、夜行寝台特急「ゆうづる」等、北海道均一周遊券で旅する 者にとっては、それは高根の花でした。 しかし昭和50年代に入り、空路の充実が進み、昭和57年には東北新幹線が盛岡まで開業、 昭和62年には津軽海峡線の開通・青函連絡船の廃止、上野−青森間を結ぶ特急列車の意義は 次第に薄れてきました。
決定的運命は東北新幹線の八戸開業でおとずれた。この時点で東北本線経由で上野と青森を 結んでいた寝台特急「はくつる」号は廃止の運命となり、正月・盆休みに運転されていた 583系による寝台特急「はくつる81号」も必然的に廃止となりました。
昭和43年に上野−青森間の昼行・夜行特急の主役として登場した583系、平成14年8月の 多客臨が最後の御奉公となりました。平成14年8月9日、 上野駅で583系寝台特急「はくつる81号」を見送りました。








     【JR/国鉄線】トップへ戻る