常磐線上野口 E501系

E501系、一言で言うとE209系の交直流車とでも言えるでしょうか。常磐線中距離 電車の増発用として平成7年に登場。本来ならばセミクロス車を導入したいところでしたが、 当時は最適車がなかったこと等から本車両が開発されました。
何の変哲もない通勤型電車ですが最高速度は120km/h 、走りの良さには 定評がありました。平成7年に登場なので制御はVVVFインバータ制御、その主変換装置 はドイツ・シーメンス社のシステムを採用していることより、 発車・停車時にモーターおよび制御装置から発する変調音は「ド・レ・ミ・ファ・・・・」 の独特の音を発し、鉄道ファンならずとも興味を持たれる電車です。
4扉ロングシート車・トイレがないことから上野−土浦間の限定運用として活躍しましたが、 常磐線上野口のグリーン車連結に伴い、平成19年3月のダイヤ改正前の平成19年2月21日 に上野口から姿を消しました。上野駅発車時の「ド・レ・ミ・ファ・・・・」も過去帳入りしました。

圧巻!15両編成 柏−我孫子 平成12年1月23日

平成18年9月3日 我孫子−柏

桜満開の三河島駅 平成18年4月4日

平成10年11月28日 我孫子−柏

雪の降った日 平成10年1月18日 柏−松戸(南柏駅より)

うっすらと雪景色 平成13年1月21日 柏−我孫子

夕暮れ時 平成18年10月9日 松戸−柏 (柏駅付近)



     【常磐線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る