上越線の湘南色115系

国鉄が無煙化された昭和50年度、上越線の普通列車は、上野から直通する115系がありましたが、高崎発着車の普通列車は、新潟色の 70系等の旧型車が活躍しておりました。この地区の新性能化は、まず、昭和50年3月に新前橋区に残っていた73系が115系化 されました。国鉄無煙化後は旧型車の淘汰が本格化的に始まり、昭和53年8月に115系化が完成しました。
115系も誕生から30年以上たち、各地で引退が進み、この上越地区と山陽本線が最後の活躍地となりました。上越地区は115系誕生時の 湘南色で活躍しており注目が集まりました。しかし、平成28年8月22日から順次、211系の投入が始まりました。

津久田−岩本 平成元年3月11日 後閑−上牧

後閑−上牧 平成22年5月4日

水上駅 平成3年5月5日

津久田−岩本 平成23年6月11日

津久田−岩本 平成3年11月17日

上牧−水上 平成元年11月5日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る