上越線 水上(昭和51年8月)

上越線水上駅は、上越国境の南の玄関口です。上越国境を超える貨物列車は、今では単機で越えられる時代ですが、かつてはEF16が 補機として活躍しておりました。また、上野からの普通列車も乗り入れており、新潟からの普通列車も高崎まで乗り入れており、水上は 鉄道の要所でもありました。
水上に初めて足を運んだのは、昭和51年8月9日でした。特急・急行全盛時代で、70系もまだ元気な時代でした。

   ◆ 水上−上牧 諏訪峡を行く

長岡区の70系 昭和51年8月9日

上野に向かう115系 昭和51年8月9日

特急とき 183系と181系 昭和51年8月9日

急行佐渡165系 昭和51年8月9日

   ◆ 水上駅

上越国境越えの貨物列車には、水上−越後湯沢間にEF16が補機として活躍していました
昭和51年8月9日

181系特急とき 昭和51年8月9日

新潟色の70系 昭和51年8月9日 モノクロなのが残念 → カラー画像はこちら


津久田駅を通過する181系特急とき 昭和51年8月9日


     【JR/国鉄線】トップへ戻る