昭和52年 山陽本線岡山地区

昭和52年の暮れ、山陽本線を訪問しました。国鉄から蒸気機関車が姿を消して2年、旧型車の淘汰が始まっていました。山陽本線にも 東北本線や高崎線で活躍していた115系の転入が始まりましたが、ローカル列車はまだまだ80系の天下でした。

80系クハ86一時型 和気駅 昭和52年12月28日

こちらは御馴染の湘南フェイス 岡山駅 昭和52年12月29日

80系普通列車 和気−熊山 昭和52年12月28日

115系普通列車 和気−熊山(後追い) 昭和52年12月28日

貨物列車が次から次へと来ました
EF66牽引貨物列車 和気−熊山 昭和52年12月28日

前照灯1灯のEF60(2次型)牽引貨物列車、重連もありました
和気−熊山 昭和52年12月28日

EH10牽引貨物列車 和気−熊山 昭和52年12月28日

EF58牽引荷物列車 和気−熊山(後追い) 昭和52年12月28日


次へ