東北本線で見たEF57

EF57は、東海道本線の優等列車牽引機EF56の後継機としては、昭和15年から18年に15両製造された機関車です。EF56の 後継機という位置付けから、1号機は、当初、EF56-13号機となる予定でしたが、EF56に対し出力アップされていたことから、新形式 となった経緯があります。
昭和27年からの東海道線へのEF58大量増備等に伴い、EF57は上越線に転属となりましたが、上越国境での運用を考慮し、平坦区間が 多い東北本線に再度転属となりました。
東北本線では、急行列車から荷物列車まで幅広く活躍しましたが、昭和50年3月の山陽新幹線博多開業により山陽本線からの夜行列車が廃止に 伴い宇都宮機関区にEF58が大量に転入し、EF57は活躍の場が狭まり、昭和52年1月、ひっそりと引退しました。

   ◆ EF57牽引急行列車

急行「八甲田」 昭和49年1月15日

急行「八甲田」 久喜−白岡 昭和51年1月6日

急行「津軽2号」 昭和49年1月15日


   ◆ EF57牽引普通列車

大宮駅に進入するEF57-1牽引上り上野行き 昭和49年1月15日
EF56の名残で1号機のみパンタグラフがセンターにありました

EF57-1を追いかけ。西日暮里で推進回送列車を撮影 上野−尾久 昭和49年1月15日

東北本線では狭窓のスハ32系が多く見られました、上野駅にて 昭和50年3月7日

EF58の次位で活躍 東大宮‐蓮田 昭和52年1月3日


   ◆ 東大宮操車場にて

東大宮操作場で入換え作業に活躍するEF57-11
左:10系客車及び旧型客車を牽引 右:12系を牽引  昭和52年1月8日

EF57-11は正面窓のHゴムがねずみ色だったのが特徴でした

この東大宮操作場でのEF57-11が私が見た最後のEF57となりました。この数日後、EF57はひっそりと引退しました。



     【JR/国鉄線】トップへ戻る