快速「春のとちぎレトロ日光号」(平成29年)

平成30年4月から開催される栃木県の観光デスティネーションキャンペーン「本物の出会い 栃木」のプレデスティネーションキャンペーンとして、 JR東日本は、旧型客車を電気機関車とディーゼル機関車でけん引する臨時列車を運転しました。注目の機関車は、電気機関車がEF64-1001、 ディーゼル機関車はDD51-888が牽引しました。当日は朝方降っていた雨もはあがりましたがどんよりした曇り空、時折小雨も降る生憎の一日でしたが、 多くの熱心なファンが集まり、有名撮影地は大盛況でした。

   編成     EF64-1001+旧型客車5両+DD51-888、日光線内は逆編成
   運転日    平成29年4月8日(土)
   運転区間  9525レ〜9825レ 浦和−(宇都宮経由、宇都宮から日光線に入線)−日光

9525レ(後追い) 東鷲宮−栗橋 桜が満開でしたが天気が悪かった!

9825レ 今市−日光

運行終了後、客車は翌週仙台地区で運転される「レトロ花めぐり号」に当てるため仙台に回送されました
回9826レ 日光−今市

回9141レ 片岡−矢板 北関東の桜は咲き始めでした

回9141レ 黒磯からは、ED75-758が牽引しました 白河−久野田



     【JR/国鉄線】トップへ戻る