東北本線で撮影した185系

昭和57年6月23日の東北新幹線暫定開業で、大宮−上野間で185系200番台車による「新幹線リレー号」の運行が開始されました。 充当された185系は、昭和57年3月に、165系電車の置き換えようとして新前橋電車区に配置された車両をでした。 昭和60年3月14日に東北・上越新幹線が上野まで延伸開業して「新幹線リレー号」は廃止となりましたが、「新幹線リレー号」に使用されていた185系は上野発着の急行を特急に格上げした「新特急」に使用されました。 東北本線系統では、「新特急なすの」の運行がはじまりました。 また、昭和63年7月から、上野−古河間で「ホームライナー古河」の運行が始まりました。 当初は、489系特急白山の車両を使用していましたが、平成4年3月14日のダイヤ改正から、順次、185系に置き換えが始まりました。  平成7年12月1日の東北新幹線ダイヤ改正で、東京-那須塩原間の特急が「なすの」の愛称に変わったことに伴い、従来の「新特急なすの」は「新特急おはようとちぎ」・「新特急ホームタウンとちぎ」に愛称名が変更となりました。 利用率は好調でしたが、平成22年)12月4日のダイヤ改正で、「おはようとちぎ」・「ホームタウンとちぎ」は廃止となりました。 そして、平成26年3月15日のダイヤ改正で、「ホームライナー古河」も廃止となりました。 その後、185系は修学旅行臨や成田臨等の臨時列車として活躍しています。

新幹線リレー号 尾久−上野(鴬谷駅で後追い撮影)昭和57年10月31日

おはようとちぎ 浦和−赤羽(川口駅から撮影) 平成22年3月6日

おはようとちぎ 蓮田−東大宮 平成22年10月7日

8583M 横浜地区〜日光修学旅行臨 平成26年6月1日
この画像は「東北本線 晩春から初夏のヒガハス(平成26年)」にも展示しております


    ◆ 令和3年 あしかが大藤まつり号   踊り子号から引退後、初の臨時快速列車

        栃木県足利市にあるあしかがフラワーパークの「ふじのはな物語〜大藤まつり2021〜」開催にあわせ、快速「あしかが大藤まつり号」が185系6連で運転されております。
        運転日は4月24日(土)〜5月5日(水・祝)の土休日で、運転区間は、1号と2号が上野−桐生間、3号と4号は上野発着が大船に延長して運転しております。
        4月24日(土)に東北本線 東鷲宮−栗橋で撮影しました。

9541M あしかが大藤まつり1号 東鷲宮−栗橋(下2枚は後追い撮影)

9543M あしかが大藤まつり3号 東鷲宮−栗橋(下は後追い撮影)

9542M あしかが大藤まつり2号 栗橋−東鷲宮(下は後追い撮影)

9544M あしかが大藤まつり4号 栗橋−東鷲宮(下2枚は後追い撮影)


     【東北本線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る