東海道線 名古屋地区で活躍した117系

117系は、東海道・山陽本線の京阪神地区の運行していた新快速用として、153系の後継車として、昭和54年に登場しました。
153系による快速電車が運行されていた中京地区には、昭和57年から登場しました。平成11年に313系投入されて、日中の東海道本線 快速電車は最高速度が120km/hに引き上げらました。これにともない、117系は日中の運用がほぼ皆無となり、朝晩のラッシュ時における 金山−米原間の快速運用が中心となりました。間合い運用で、浜松−豊橋間や大垣−米原間の運用が見られましたが、ほとんどの編成は 大垣車両区や熱田駅、大府駅、豊橋駅構内などに留置されるようになりました。
313系の増備に伴い、平成22年から廃車が始まり、岡崎以東の運用も消滅した。そして、平成25年3月26日のダイヤ改正で、 名古屋地区での活躍に終止符が打たれました。
なお、名古屋地区で活躍した117系の記録は弊サイトの「東海道線名古屋スナップ(平成19年)」 でも展示されておりますので、ご覧ください。

豊橋発浜松行普通電車5936M 浜松駅に到着 平成20年2月23日

浜松駅で見られた117系の並び(手前:5936M 奥:豊橋行931M)
平成20年2月23日

岡崎発岐阜行普通電車191F 名古屋駅 平成21年3月21日


   ◆ 熱田駅で休息中

熱田駅のホームには昭和の趣が残る屋根が残っております 平成21年3月16日

左:平成21年3月16日 右:平成23年2月7日

桜が咲いた頃 平成21年4月7日

国鉄色に復元されたS11編成 平成23年2月7日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る