東海道線 岸辺駅(平成15年)

東海道本線の大阪口は山陽本線と一体の運行形態となっております。かつては、京阪神線とも呼ばれておりましたが、 国鉄分割民営化後は京都線および神戸線の愛称で呼ばれています。京都線と神戸線は、快速列車と緩行列車の他、北陸・山陰・南紀方面の特急列車、さらに貨物列車も走っております。 東海道本線東京口と比べバラエティーに飛んでおり、また車両も首都圏では見られないJR西日本の車両であるため、初めての人は目を奪われる光景と思われます。 管理人もその一人で、平成15年10月14日JR京都線岸辺駅の千里丘方面で撮影しました。

   ◆ 快速・新快速電車

主力の223系(右は新快速)

221系(後追い撮影)

113系 湘南色も健在(左は回送列車)(2枚とも後追い撮影)


   ◆ 緩行電車

スカイブルーの201系

207系


   ◆ 優等列車

EF81-102牽引 特急日本海

485系 特急雷鳥、先頭はクロ481

683系 特急サンダーバード(後追い撮影)

381系 特急スーパくろしお 先頭はクロ380

283系 特急オーシャンアロー号(後追い撮影)

281系 関空特急はるか(後追い撮影)

481系 「臨時」の方向幕です(後追い撮影)


   ◆ 貨物列車

EF81-39牽引 貨物列車



     【東海道本線・横須賀線・山陽本線総合インデックス】      【JR/国鉄線】トップへ戻る