特急雷鳥号 大阪口での記録

北陸地方と関西方面の大動脈として長年活躍してきた特急雷鳥号、国鉄色485系9両編成で運転されており、 国鉄時代の面影をのくしておりました。しかし時代の流れとともに、雷鳥号は681・683系による特急サンダーバード への置換えが進められ、平成22年3月13日のダイヤ改正で雷鳥号は1往復となります。しかも6両編成と短編成化され、 事実上の引退となります。国鉄時代のL特急の色彩強い雷鳥号、残念ながら北陸本線内での本格的な撮影はできませんでしたが、 大阪口での活躍を集めてみました。
なお、北陸本線内での雷鳥号の記録は、弊サイトの「北陸本線駅撮り集 昭和から平成へ」「北陸本線 雪の富山駅(平成12年)」でも展示されておりますので、ご覧ください。


新大阪駅 左:平成21年10月7日 右:平成22年2月9日

大阪駅 左:平成22年2月10日

雷鳥号のみでしか見られない異色のスタイル 新大阪駅 クロ481
平成22年2月9日

新大阪−東淀川 左:平成21年10月7日 右:平成22年2月9日

東淀川−吹田 平成22年2月10日

向日町から大阪に回送される雷鳥号、吹田駅通過
平成22年2月10日

国鉄時代の面影 大阪駅 平成22年2月9日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る