寝台特急「あけぼの号」・・・EF65からEF64まで

「あけぼの号」は、上野と青森間を東北本線・奥羽本線経由で昭和45年10月1日から運行開始した寝台特急列車です。秋田方面への 寝台特急として需要が多く、最盛期には3往復設定され、青函トンネル開通後も2往復残りました。しかし、平成2年9月1日の山形新幹線 着工により転機がおとずれました。1往復が列車名を「鳥海」に変更のうえ高崎線・上越線・日本海縦貫線経由とされ、残る1往復も、 東北本線、陸羽東線、奥羽本線経由と分断されました。さらに平成9年3月22日の秋田新幹線開業に伴って、東北本線、陸羽東線、奥羽本線 経由の「あけぼの」は廃止となりました。「あけぼの」の愛称名は、高崎線、上越線、日本海縦貫線経由の「鳥海」が改称されることで 伝統が引き継がれました。しかし、各地の寝台特急列車廃止の嵐が吹き荒れる中、「あけぼの」も平成26年3月15日のダイヤ改正で、 定期運行が廃止となりました。

EF65牽引時代、大動脈東北本線を疾走
栗橋−東鷺宮 昭和59年12月30日

日本海縦貫線経由での運行
平成14年頃は上野駅15番線からの発車 平成14年8月30日

EF81引退時は上野駅13番線からの発車 平成21年3月12日

ブルートレインに赤い電機も似合います 平成21年3月12日

平成21年3月のダイヤ改正から長岡区のEF64が牽引
平成21年3月14日



発車を待つあけぼの号 上野駅 平成25年3月15日

夜明け前、尾久ー上野(日暮里駅から撮影) 平成25年12月8日

上野駅からは推進運転で回送、尾久ー上野(鶯谷駅から撮影) 平成25年12月8日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る