EF551 上野駅での最後の雄姿

昭和61年6月に動態復元され車籍が復活したEF551は、JR東日本高崎高崎運転所に配置され、「ムーミン」の愛称で親しまれ、 上越線の高崎−水上間の「EF55奥利根号」を中心としたイベント列車の先頭に立ち活躍しました。しかし故障と老朽化が目立ち、 平成21年1月18日(日)のラストランで引退しました。 上野駅での最後の雄姿は前日の17日(土)でした。上野駅13番線には最後の「ムーミン」を見ようと大勢のファンが集まりました。



上野8:00発横川行「さよならEF55碓氷号」、左は上野駅大跨線橋、右は13番線ホーム

13番線ホームに入線です

人出の多さに圧倒されました

8:00「ムーミン」は寂しげな汽笛を残し、上野駅13番線ホームを後にしました



     【JR/国鉄線】トップへ戻る