東海道本線 鉄道開業140周年記念ブルートレイン(平成24年 )

東海道本線にブルートレインが帰ってきた! 平成24年10月13日(土)にJR東日本横浜支社は、新橋−横浜間に鉄道が開業して 140周年となるのを記念して、「親子で楽しむ『ブルートレイン』の旅」と「寝台列車『出羽』号で行く秋田の旅」の二つのツアーを 開催しました。
「親子で楽しむ『ブルートレイン』の旅」は、東京駅を午前8時28分に出発し東海道線の早川駅までを往復し、午後0時45分に東京駅に 戻るコースでした。「寝台列車『出羽』号で行く秋田の旅」は寝台車に1泊する行程で、横浜駅を午後7時50分に出発し、新鶴見から 武蔵野線、高崎・上越線を経由し、秋田駅に翌朝9時26分に到着するコースでした。
注目の編成は、「早川 ← EF651115+24系7両+EF65501 → 東京」 という豪華なものとなりました。
東海道本線のブルートレインは、平成21年3月のダイヤ改正で廃止となった、「富士・はやぶさ号」以来で、EF65−1000番代は、 平成20年3月のダイヤ改正で姿を消した、寝台急行「銀河号」以来、さらにEF65−500番代は、昭和53年10月のダイヤ改正で、 牽引機がEF65−1000番代に交代した以来となりました。
久々のブルートレインに沿線には多くのファンが集まりました。また、「出羽」号の発車駅となった横浜駅では、「銀河号」や「富士・ はやぶさ号」での熱狂が、再び繰り広げられました。

なお、過去に撮影した東海道本線のブルートレインは、以下のリンクからご覧いただけます。
  1.東海道本線 横浜駅で撮ったブルトレたち(昭和44年)
  2.東海道本線 東京口ブルートレイン
  3.東海道本線 銀河号
  4.東海道本線 富士・はやぶさ号

   ◆ 親子で楽しむ「ブルートレイン」号

9823レ 品川−川崎(多摩川橋梁) 秋晴れの中を快走しました

9823レ後追い  品川−川崎(多摩川橋梁)

9824レ 川崎−品川(大森駅付近)

9824レ後追い  川崎−品川(大森駅付近)


   ◆ 寝台列車「出羽」号

回9871レ 横浜への回送待ち 品川駅


9012レ 寝台列車「出羽」号 横浜駅

横浜駅はブルートレインを一目見ようとする人たちで大混雑となりました

「出羽」号は、懐かしのホイッスルを残して横浜駅を後にしました



     【JR/国鉄線】トップへ戻る