上野界隈で撮影した489系 特急「白山号」

特急白山号は高崎・長野経由で上野と金沢を結ぶ特急列車でした。その前身は客車急行白山号で、昭和47年3月のダイヤ改正で特急に格上げされました。 信越本線経由のため横軽対応の489系が充当されました。しかし、長野新幹線の開業により信越本線横川−軽井沢間が廃止となり、特急あさま号と共に廃止となりました。
昭和51年に撮影した白山号は、東北本線 上野−大宮間(昭和51年)年末年始の上野界隈 昭和51年大晦日に展示しております。

尾久−上野(鴬谷駅から撮影) 平成3年8月

上野駅を発車 上野−尾久 平成9年9月28日

尾久−上野(鶯谷駅から後追い撮影) 昭和57年10月31日



     【JR/国鉄線】トップへ戻る