上野界隈で撮影した189系 特急「あさま号」

長野新幹線開業以前、東京と長野(一部の列車は直江津まで延長運転)を結ぶ特急列車は、高崎経由で信越本線を走る189系あさま号でした。 JR化後は独自の塗色に変更して存在感をアピールしました。あさまの愛称名は、北陸新幹線の長野行特急に引き継がれています。

   ◆ あさま色誕生の頃

上野−尾久(鶯谷駅から後追い撮影) 平成3年8月

まだまだ国鉄色が多数派でした 尾久−上野(鶯谷駅から撮影) 平成3年8月

常磐線の651系スーパーひたちとすれ違い
尾久−上野(鶯谷駅から後追い撮影) 平成3年8月


   ◆ 長野新幹線開業直前、最後の活躍

上野駅にて 平成9年5月27日

上野駅引き上げ線に到着 平成9年9月28日

上野駅地上ホームから発車 平成9年9月28日

上野−尾久(鶯谷駅から撮影) 平成9年9月21日

京浜東北線209系との並び 上野−尾久(鶯谷駅から後追い撮影) 平成9年9月21日

一路長野へ 尾久−上野(後追い撮影) 平成9年9月28日

こちらは終着駅上野へまもなく到着 尾久−上野 平成9年9月28日

上野−尾久(日暮里駅から撮影) 平成9年9月28日


   ◆ 国鉄時代の特急あさま号とその仲間

尾久−上野(鶯谷駅から撮影) 昭和57年10月31日

東京−中軽井沢間の季節特急「そよかぜ」 上野駅 昭和45年8月



     【JR/国鉄線】トップへ戻る