山手線 E231系時代

205系の後継車両として平成14年4月21日から営業運転が始まりました。 当初は205系で使用されていた6扉車が連結されていましたが、ホームドア設置の関係から、平成23年9月4日に全編成が全車4扉車となりました。
E231系は、E233系と共に103系や113系・211系等の置き換え車として、平成時代に大量投入されました。 JR東日本は、E231系とE233系の次の世代の車両としてE235系の開発し、山手線への投入が決まりました。 E235系は、平成27年から営業運転が始まり、E231系は令和2年1月20日(月)の運行をもって引退しました。

撮影したホームは異なりますが、初めて103系を撮影した時と同じカットに挑戦
上野駅 平成21年10月10日

サハE231 6扉車 神田駅 平成22年4月10日

東京−有楽町 平成21年10月10日

有楽町駅 通過中の新幹線は700系です 平成24年2月26日

有楽町駅に停車中の内回り電車 平成24年2月26日

左:浜松町−田町(田町駅から撮影) 右:田町駅 平成27年3月14日

500系のぞみ号とのすれ違い
新橋−浜松町(世界貿易センタービルディング40F展望台から撮影) 平成21年10月10日
500系のぞみ号は、東海道新幹線 500系のぞみ号に展示しております

この日運転された「よこすかYYのりものフェスタ旧型客車の旅」上り列車とのすれ違い
新橋−浜松町(世界貿易センタービルディング40F展望台から撮影) 平成26年6月15日
この客車列車は、よこすかYYのりものフェスタ旧型客車の旅(平成26年 )に展示しております

目黒−五反田(五反田駅から後追い撮影) 令和元年11月30日


   ◆ 山手線命名100周年記念電車

      平成21年10月12日、山手線と命名されて100周年を迎えました。 これを記念して、平成21年9月7日(月)から12月4日(金)まで、昭和40年代初期まで運転されていた旧型国電を模した「ぶどう色2号」をラッピングした記念列車が運行されました。

上野駅 平成21年10月31日

左:有楽町駅 右:東京−有楽町(有楽町駅から後追い撮影) 平成21年10月25日


   ◆ 東京駅開業100周年記念ラッピングトレイン

      東京駅開業100周年記念イベントの一環で、平成26年10月11日(土)から平成27年3月31日(火)まで、車体前面の窓下と車体側面を赤レンガ色にラッピングした記念列車が運行されました。

浜松町−田町( 田町駅から後追い撮影) 平成27年3月14日


次へ