カシオペア

寝台特急「カシオペア」は、上野駅と札幌駅間を東北本線経由(いわて銀河鉄道線・青い森鉄道線)で津軽海峡線、函館本線・室蘭本線・ 千歳線を運行する寝台特急列車です。この区間を運行する寝台特急列車は昭和63年3月13日のダイヤ改正で誕生した「北斗星」が運行されて おりましたが、さらなる高水準のサービスを提供するため、JR東日本は、全客室を2名用A寝台個室としたE26系客車を新規に製造し、 平成11年7月16日から寝台特急「カシオペア」として運行が始まりました。「カシオペア」は全客室が2名用A寝台個室のため、 他の寝台特急列車よりも高額な料金が必要となり、また、毎日運転ではない臨時列車であるため、乗車日1か月前の発売開始とほぼ同時に 売り切れることも多い人気の高い列車です。
「北斗星」は北海道新幹線開業1年前となる平成27年3月14日のダイヤ改正を以って定期運行を終了しましが、「カシオペア」も平成28年 3月21日の上野着を持って運行終了となりました。
上述の通り、「カシオペア」は人気が高いこと、また、E26系の車齢が比較的低く後継車「TRAIN SUITE 四季島」も平成29年度 からであることから、「カシオペア」は平成28年6月4日から、旅行会社のツアー専用臨時列車として運行が再開しました。

E26系は、従来のブルートレインとは異なる平成の車両であることもあり、管理人がカシオペアの撮影を始めたのは、平成22年に 「カシオペア」の東北線内牽引機がEF81からEF510に代わってからです。新しい写真ばかりですが、ここに管理人が撮影した 「カシオペア」をまとめてみました。


目次

1 函館本線・室蘭本線・千歳線
2 東北本線青森駅
3 東北本線(上野−宇都宮)



4 カシオペアクルーズ・カシオペア紀行
 4−1 函館本線・室蘭本線・千歳線 北海道を走るカシオペア紀行
 
 4−2 東北本線(上野−郡山)
 4−3 上越線

5 信州カシオペアクルーズ・カシオペア紀行
 
 5−1 常磐線 信州カシオペア紀行
 5−2 武蔵野線 信州カシオペアクルーズ・カシオペア紀行
 5−3 中央本線 信州カシオペアクルーズ



     【JR/国鉄線】トップへ戻る